看護師としての仕事の幅はスキルアップで格段に広がる

美容看護師はどんな資格を持っている?

美容看護師という資格はないのだが、美容看護師とは美容に関する専門知識が豊富な看護師を言う。多くの美容看護師は看護師の資格以外の美容に関する資格を複数持っている人が多いようだ。特に美容に関する知識を深めるには「エステティシャン」や「ネイリスト」の資格がある。エステティシャンの資格は一般社団法人エステティック協会や一般社団法人エステティック業協会などが認定している。皮膚の構造などの基礎知識やフェイシャル・ボディートリートメントなどの手技、接客対応や集客方法など接遇について学ぶ事ができるのだ。ネイリストは公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターにより認定されている。爪に関する基礎知識から爪の形の整え方やムラを作らないなどの技術、カラーなどデザインについて学ぶ事ができる。これらの資格は将来独立して美容サロンを経営するのにも役立つのだ。

医療現場でも使える資格では「アロマセラピー」や「リフレクソロジー」の資格がある。アロマセラピーは公益社団法人日本アロマ環境協会や日本アロマコーディネーターが認定している。効能が科学的に証明されているので医療現場でも使われているのだ。リフレクソロジーは日本リフレクソロジー協会が認定している。ムクミを軽減したり、リンパの流れを良くする方法を学ぶ。これらの仕事は美容クリニックの他に緩和ケアや介護施設などで働く場合アピールになるだろう。美容クリニックを訪れる美意識の高いお客様の要求に正確に応えられる美容看護師を目指していこう。