看護師としての仕事の幅はスキルアップで格段に広がる

スキンケアアドバイザー資格は看護師に必要?

スキンケアアドバイザー資格は日本スキンケア協会が認定している、信頼度の高い資格である。主にエステティシャンや化粧品販売員が多く取得していると思われがちだが、医療従事者でも取得している人は多い。そもそも、スキンケアアドバイザーとは肌トラブルを抱えている人やいつまでも若々しい肌でいたいという人々に、各々に合った正しいスキンケアの方法や化粧品の選び方などを伝えることのできる仕事である。そのため、幅広い世代から必要とされているのである。したがって、多くの患者は薬品や医療用具により少なからず皮膚トラブルを抱えており、患者を包括的に看護する看護師にとっても必要な知識であるといえるだろう。また、美容皮膚科や美容クリニックで働く看護師にとっては、適切なアドバイスができる事、患者の状態を把握する事でスキルアップにも繋がるのだ。さらに転職にも有利に働くと言われている。

また、この資格は勤務体制が不規則な看護師でも取得しやすいため興味深い資格である。スキンケアアドバイザーの資格は通信で、受講期間は最短で2週間、最長でも6ヶ月で取得できるのだ。つまり、自宅で空いた時間を有効利用でき、自分のペースで学習を進めることができるのだ。テキストは医師や大学教授が監修しているオリジナル教材であるため、医療現場で実際に生かせる知識がつまっており、看護師であればイメージしながら理解できるだろう。検定試験は受講と課題レポートの提出を併せたもので、7割以上の正解率で取得できるので、興味があれば資格取得に臨んでいれば良いだろう。